ご機嫌デート
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みみたんはポメヨン、黒いけど女の子です。4歳です。おねえちゃん(ムスメ)の帰りを楽しみに一日を過ごしています…
というわけで、昨日は実家まで片道1時間30分の長旅をみみたと二人でしてまいりました。町内を走るときとは異なり、片側3車線の道アリ、進路変更アリ、ごちゃごちゃした裏道アリで1時間30分ですから、膝の上にみみたが座っていたら危ないです。 というわけで対策。
みみた専用席
なぜ、みみたは助手席が苦手かというと、平らではないからです。人間が座りやすいように背中に向かって座席が斜めになっています。こいつを解消すればいいだろうと。そこで、まず、折りたたんだバスタオルを1枚で、助手席の座面と背もたれのつなぎ目部分に宛て、その上からビーチタオル(ほぼシングルシーツ大)を座面の大きさに折りたたんでおき、さらにその上にみみたのお気に入り、ライオンさんのクッションを置きました。落ちると困るのでクレートを足のところに詰め、リードをヘッドレストにつないでできあがり。満足そうでしょ? 上の写真は帰りに撮ったもので、みみたの足元にあるのはタオルでくるんだ保冷材です。実家の駐車場が日当たり満点で助手席がかなり暑くなってしまったため、急遽、実家の冷蔵庫からかっさらってきました。ケージで留守番させるときに保冷材を入れてあげても警戒して近寄りもしないんですが、このように身動きできず、有無を言わせず状態だと…気持ちよさそうでした♪ さて、なれない場所で過ごしたためか、帰りはかなり疲れていたようで。助手席と運転席の間の小物入れの上にアゴを乗せて寝ようとしていたんですが、どうも高さが足りないようでしたので、こんなものを乗せてみました。
ぴかぴぃ~
中にフリースのひざ掛けが入ってます。 クレートに入れて車に乗せた場合、みみたはその中でずっと立って、足をつっぱったままにしているので、あんまり都合よくありません。そのため、助手席に乗せていましたが、今まではただ「乗せていた」ため、危なかったんですよ。んなわけで、行動を制限することにより、みみたも私も楽になりました。 あとは日当たりをどうするかだなぁ…
【今日の歩数】
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。